注意して服用しなければいけないマイスリー効果

『よく効く』、ということはマイスリーにとってはとても重要な要素となります。 ですがやはり、『とても良く効く』ということは、それだけ肉体への影響が大きいことも意味します。 一錠飲むだけで体の状態を大きく変えることができる薬というのは、やはり『服用の際には注意が必要』であることも意味します。 血圧を高める効果のあるものなら、やはり飲み過ぎれば血圧が高くなりすぎる危険があります。 飲めばよく眠れる作用があるというものも、過剰に服用すれば意識に障害が出てしまう危険性があります。 だからこそ、よく効くものほど、利用の際には『正しい用法』をしっかりと守らねばならないのです。 マイスリーという製品にも、その法則はやはり当てはまります。

今だけでなく長い目で判断する


デメリット

即効性があるマイスリー効果は副作用が軽い

既存のマイスリーというのは、即効性のある睡眠薬の一種です。 『非ベンゾジアゼピン系の超短時間作用型の睡眠薬』と定義されるもので、服用から効果が出るまで『5~10分』と短く、『2時間程度』と短いのが特徴です。 夜になかなか寝付けないという『入眠障害』の改善にとても役に立つものとなっています。 この種類は即効性こそあるものの、時間が短いことから、他の睡眠導入剤(ハルシオンなど)と比べて副作用が軽いことが長所となっています。 しかし、絶対に副作用がないというわけではありません。 あくまでも依存症などの問題は軽減されているというレベルのものなので、この際にはしっかりと注意をしておく必要があります。 まず気をつけないといけないのは、マイスリーは『入眠障害』には有効ですが、時間が二時間程度と短いため、『中途覚醒』という夜中に目が覚めてしまうような症状には効きづらいという点があります。 いったん服用して眠りにつけても、夜中にまた目が冴えてしまうという事態に陥った際、もう一錠だけして眠りにつこうというのは危険です。 『決まった用量』というものが当然ありますので、短期間に何度もすることがあれば、依存症や各種の障害を引き起こす可能性も出てきます。

可能ならば飲まない選択もシチュエーションによっては必要です

幻覚症状

マイスリー効果にはどんな副作用があるのか

では、具体的にマイスリーにおける副作用にはどんなものがあるでしょうか。 まず挙げられるのが『直後の記憶喪失』です。 服用した後は意識がぼんやりとしてしまい、自分がどうしていたかがわからなくなることがあります。 そのまま夢遊病のような状態になって車の運転や食事を行うというケースもあるので、アフターですぐに就寝する必要があります。 他にも重要な問題として、やはり『依存症』があります。 マイスリーを何度も繰り返ていると、体内に抗体ができていき、同じ分量を飲んでいても効果が出づらくなります。 それに合わせてだんだん量が多くなってしまい、依存してしまうことがあります。 こうした依存症が信仰した後、急に止めてしまうと、『反跳性不眠』など余計に眠くなる症状が出る他、イライラしやすくなるような症状が出る可能性もあります。

副作用がある意味やリスクを確認する

依存症チェック

様々な障害が出る可能性もあるマイスリー効果

それから『意識障害』が出る可能性もあります。 服用によって夢遊病の症状が出現する他、幻覚などを見る場合があります。 そして『呼吸抑制』が起こることもあり、呼吸をするために必要な横隔膜及び周辺の筋肉による呼吸運動が抑制されてしまい、呼吸が困難になる場合があります。 更には『肝機能障害』など、内臓への影響が出ることもあります。 だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色など。こういう症状が出た場合には注意が必要です。 これらの副作用が懸念されますが、これは『飲んだからと言って必ず隣り合わせに起こりうる』というものではありません。 こうした症状に苦しめられるのは、用法用量が正しく守られてなかったという場合に多く見られています。 このマイスリーはとても効果が高いものなので、利用する際には、『睡眠外来にかかり、専門的な診察を受け、投与開始から投与終了まで医師の用法用量を遵守すること』を心掛ける必要があります。 自分の判断で用量を変えてしまう他、急に止めてしまうなどのことをすると、依存症や離断症状などの副作用が現れ、日常生活に悪影響が現れるケースがあります。 それ以外にも、まずアレルギーのある方や、妊娠・授乳期間の場合だと問題が出るケースもあります。 そして飲み合わせや食べ合わせも注意が必要です。 安定剤や抗うつ剤などメンタル系のものと併用すると、強く効きすぎたり、副作用が出やすくなります。 だから、服用しているものがある場合は、診察の際に必ず医師に伝えておくことが大切です。

病院でもしっかりと相談する必要性がある

不妊

お酒やお茶とマイスリー効果の併用は危ない

あと、飲酒は控えないといけません。 お酒を飲むと眠りやすくなるという考えがあるため、どうしても不眠障害の際にはお酒を飲みたくなる方も多いかもしれません。 ですが、お酒と一緒のマイスリーの副作用が強まるおそれがあります。 また、お茶に含まれるカフェインは効果を弱める可能性があります。 寝る前は、日本茶、コーヒー、紅茶など控えるべきとされています。 体によく効く薬には、同時に体に大きな変化をもたらすという側面もあることは忘れてはいけません。 そうしたものを服用する際には、決められた用法や用量、医師の言う注意点を必ず守り、絶対に自分の判断で使い方を変えることをしないことが求められます。

絶対に個人的な判断での服用はしない

ドラッグストア


このページの先頭へ